物を借りるのだって好意に繋がる!その理由とは?

yamada-pairs

前回の記事では、

「物を貸すのが好意に繋がる」
「人間は友達の数に限界がある」


という話を心理学を用いて、
いろいろと解説していきました。


今回はその応用編となります。

テーマは、
「物を借りるのも好意に繋がる理由」です。

では、どうぞ!



物を借りるのも好意に繋がる!

多くの恋愛ノウハウでは、
「好きな人には物を貸しましょう!!」
ということが語られています。

しかし、私に言わせれば
「物を借りるのだって好意に繋がる」
と思っています。


それは何故なのかと言うと、物を借りて返した後も、
相手のマインドシェアを奪うことができるからです。

(マインドシェアについては前回の記事で解説しています。)


考えてみれば分かります。

例えばあなたはA子ちゃんに物を貸して、それが返ってきました。

そうすると次にそれを使う機会に、
「あ、これはA子ちゃんに貸した物だ」
ということを絶対に考えるはずです。

これってマインドシェアをA子ちゃんに奪われていますよね??


元々はあなたの物なので、
使っていくうちにそれを考えなくなるかもしれませんが、
それでも一定期間はマインドシェアは奪われます。

だから物を貸すのはもちろん、
借りるのだって好意に繋がる可能性が高いんですよ。


積極的に借りを作って良い

じゃあこれを実用的に考えれば、
「好きな人がいる場合、
 その人からドンドン物を借りた方が良い!」

ということになりますよね。

もちろん、鬱陶しく思われたらダメなのですが、
その人と結構仲が良いならば、物はドンドン借りた方が良いですから。


しかも、それだけ接点が増えるし、
「いつも本とか貸してくれてありがとう、今度お礼にご飯でも・・・」
なんて繋ぎ方も出来るわけです。

つまり恋愛において、
物を貸すのは良いことだし、借りるのも良いことなんですよ。


このように物の貸し借りは、
かなり使える恋愛テクニックだと理解していただきましたでしょうか?

それなのに、
「物を借りたら好きな子に迷惑なヤツだと思われる・・・」
みたいに誤解している人が結構多いです。


それを聞いたりしていて私は、
「もったいな〜〜〜」って思っていたので、
今回は記事にしてみました!

何かあなたの恋愛偏差値が上がってくれたら幸いです!


では早速、
好きな人にオススメの本を聞いて借してもらいましょう〜笑

yamada-pairs

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

yamada-pairs

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です