面白い人間はモテる!そのための2つの法則!

yamada-pairs

「面白い男はモテる!!」
なんてよく言いますが、これは本当だと私も思っています。


というか関係を築いていく上で、
”面白さ”は一番大切ですよね。

やっぱりいくらイケメンでも、一緒にいて退屈な人はモテません。


と、いうことで今回は、
「面白い人間になるための2つの法則」について
書いていきますよ!!

自分で自分のことを
「俺って面白くないんだよな・・・」
と思っている人は必見です!




非日常をもたらす人間になれ!

まず2つの法則の前に抑えておきたいのは、
「非日常をもたらす人間はモテる」
ということです。


どういうことかというと、
多くの人は毎日同じような生活に退屈しています。

毎日同じ道を通って学校に行ったり、
毎日同じ時間に家を出て会社に行ったり・・・などですね。


そしてこういう人たちは、
潜在的(無意識的)に刺激を求めています。

多くの人たちが、
休みの前の日に飲みに行ったりするのは何故かというと、

退屈な日常から脱して、何らかの形で”刺激”が欲しいからです。


つまり多くの人は、
非日常的な刺激を求めてるということです。


そして”面白い人間”っていうのは、
自分の人生に”非日常をもたらしてくれる人間”ということです。
(注意:非日常と非常識は違います)

だからあなたは
”非日常をもたらす人間”になればいいんです。

そうすればマジでモテるようになります。


じゃあどうすれば、
非日常をもたらす人間になることができるでしょうか?


本音で語る

まず1つめは、
「本音で語る」ということです。


これは、”相手に心を開く”と言い換えることもできます。

自分が心を開かないと、相手は心を開いてくれませんからね。
(鏡の法則です)


そして実は、
本音で話すだけで、かなり非日常な人間になることができます。

それは多くの人が普段、
本音で話すということをあまりしないからです。

そういう人たちは、
適当に相槌をうったり聞き流したりして、
「心と心が通ってない会話」をしています。

そんな会話が面白いわけが無いですよね!?


そんな中であなたが心を開いて話すことで、
相手も心を開くことができ、
「この人と話すと面白いな」
という印象を付けることができるのです。


面白い体験をする

そしてもう1つは、
「面白い体験をする」ということです。


極端な例ですがあなたは、
A 世界一周した人の話
B 仕事の愚痴話

どちらを聞きたいでしょうか?

きっと、Aだと思います。


で、多くの人が話すのはBなんですよね。

だからAみたいな体験があると、
一気に注目を集めることができるのです。


まぁ世界一周旅行は極端ですが、
「新型のiPhone買ったんだ〜」とか

そういう他の人の注目を集めるような話ができるように、
普段から面白い体験をしていくことが必要です。


そしてそれを何回かやっていくと、
「あの人は面白い人だから誘おう」
っていう感じになってかなりモテるようになるのです。
(アンカリング効果といいます)


このように“非日常を与えられる人間”になれば、
色んなところからお誘いがきますし、

「◯◯さんと話したい!!」という風にモテるようになります。


あなたも普段から本音で話したり、
面白い体験をすることを心がけましょう!



ps
面白いトークをする方法について
知りたい方はこちらをご覧ください!
素人が面白いトークをする方法!!

yamada-pairs

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

yamada-pairs

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です