女性を食事に誘う!絶対成功させるためのタイミングとコツ!

yamada-pairs

今回は誘い方についてです。


タイトルは、
「女性を食事に誘う!絶対成功させるためのタイミングとコツ!」
としましたが、

誰かを何かに誘ってOKをもらいたい時に、
応用できるノウハウですので集中して読んでみて下さい。


では、いきましょう!



選択肢で選ばせる

まず1つ目のポイントは、
「選択肢で選ばせる」ということです。


どういうことかと言うと、
例えばこういう感じで女性にラインをします。

「今度一緒にご飯行きましょー!
 今週の金曜日か来週の金曜日だったら、
 どちらが都合が良いですか?」


こういう風な感じで2択で相手を誘います。
(これをダブルバインドと言います。)


ちなみにこういう風に誘った場合、
相手は来週(後の選択肢)を選ぶ可能性が高いです。

やっぱスケジュール的にゆとりが欲しいですからね。

 
これの何が効果的なのかというと、
・行く前提で話が進んでいるので断りづらい
・断ると2回断ることになるので断りづらい

ということです。


わたくし山田も女性に誘われることがあるのですが、
「来週あたりご飯いきませんか?」
みたいにダブルバインドを使えていない人が多いです。

これでは、
「来週はちょっと仕事が忙しいです・・・」
みたいな感じで断るのは簡単になってしまいます。

ああ、もったいない(笑)


なので、
デートに誘う時は必ず選択肢を出すようにしましょうね!


断れてもまた誘う

2つ目のポイントは、
「断られてもまた誘う」ということです。

先ほど述べたダブルバインドを使ったのに断られた場合、
また時間を置いてダブルバインドを使って誘いましょう。
(このブログの読者はダブルバインドは必修科目です笑)


もちろんすぐに誘ったら、
「わ〜また誘ってきた、うざいな」って思われてしまうので、
私は2週間〜1ヶ月くらい空けることをオススメしています。


人間って断ることに心理的負担があるので、
何回も何回も断ると、相手に悪い気がしちゃうんですよ。


なので、
「誘わないで下さい!」
とストレートに言われない限り、

何回か誘っていれば絶対にデートにこぎつくことができます。


諦めないで下さいね!


まとめ

今回の話をまとめると、
・誘う時は選択肢を用意する(ダブルバインド)
・断られても時間を置いてまた誘う

ということでした。

ダブルバインドは特に使えるので、
デートの誘いに関わらず、
普段の生活から使ってみてくださいね!



ps

もう1つ誘うテクニックを追加したので、
こちらも絶対に見て下さい!!

yamada-pairs

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

yamada-pairs

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です