告白して考えさせて(保留) の場合、成功例なんてない!?

yamada-pairs

勇気を出して告白をした!!

すると相手は、
「・・・ちょっと考えさせて・・・」

その後相手から電話がきて、
「やっぱり山田君とは付き合えない、ごめんね」


・・・私がまだ未熟だった頃は、
こんなこともありましたね〜。


そこで今回は、
「告白して考えさせて(保留) の場合、成功例なんてない!?」
っていうテーマで記事を書いていきます。

ではどうぞ!



保留=失敗です

いきなりですが残念なお知らせがあります。

基本的に保留(考えさせて)の場合、
“その告白は失敗”だと思ってください。

(もちろん例外もあると思いますが、まぁほぼほぼ失敗します。)


じゃあなぜ失敗するのかというと、
あなたは”彼氏候補”として見られていなかったからですね。

告白のタイミングを早まったともいえるかもしれません。


だから、女の子からすれば、

(えっ、友達としか考えてなかった!!
 彼氏候補として考えるのにはちょっと時間が必要だ!)

「ちょっと考えさせて」となるわけです。


そして、

(あの人が彼氏になるってことは、
 これからあの人との中に色々と責任が生じるわけか・・・
 そんな覚悟は無いな〜・・・)

「ごめんなさい」となります。


まぁもちろん、
「今ここでは断りにくいから、あとで電話すればいいかな」
っていう側面もありますけどね。


だから基本的に私は、
「絶対成功すると思うまで告白するな」
ということを言っています。
(それについてはこちらの記事を)

告白する前には相手の女性に
”この人と付き合ったらどうなるか”を少しでも想像させていないと
こんな感じで失敗になります。

そしてそうなるためには、
”良い男”になることは避けて通れません。


まぁその子と付き合いたいんだったら、
「その子にとっての良い男」になればいいんです。

つまり、
”いかに目の前の女の子を大切にできるか”ってことですね。

これは世間一般のイメージの良い男よりも
だいぶハードルが低いはずです。


普段から良い男になるために、努力しましょう!
(このブログがそうなるための勉強材料となれば幸いです)



ps

告白が失敗した後の逆転方法については、
こちらの記事をご覧ください!
告白の失敗!その後の逆転を狙うには?

yamada-pairs

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

yamada-pairs

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です