ジェームス三木の女性の口説き方から学ぼう!

yamada-pairs

前にアウトデラックスか何かで、
芸能人のジェームス三木さんが
女性の口説き方を解説していたのですが、

それが面白かったので、
今回は取り上げてみたいと思います。


ぜひぜひ、
あなたも活かしてみてくださいね!


「次は口説くぞ・・・」

まず、
ジェームス三木さんの女性の口説き方はこんな感じ。

バーとかのお店に行って素敵な女性がいた時に、
「次は口説くぞ・・・」
って言うんだそうです。


これの何が良いかっていうと、
「ちょっと不思議な男」を演出できるわけです。

もちろん、ある程度素敵な男性じゃなきゃ効果がないのですが、
このブログをちゃんと読んでいれば大丈夫です(笑)


相手に考えさせよう

不思議な男っていうのは、
何を考えているか分からないわけです。

何を考えているか分からないから、
気になっちゃうんですよね。


女性に置き換えて考えてみて下さい。


相手(女性)が思っていることが分かる場合、
こっちとしたら
「あぁ、この子はチョロいな」
って感じになりますよね?

口説いたりするのは簡単だけど、
これって別に惚れているわけではない。


でもちょっと不思議な子(天然とかじゃなくて)だと、
「あの子は何を考えているんだろう・・・」
っていう感じに自然と考える時間が多くなり、
すごい気になっていくってわけです。

ここら辺の話は、
前に物の貸し借りについてで解説したので、
読んでない方は重要なので読んでくださいね!
物を貸すのが好意につながる心理学的な理由!


そして男性が女性を口説こうとした場合、
男性優位じゃなきゃまぁ基本は成功しません。


だから男は自分に惚れさせる必要があるし、
舐められちゃいけないんですよ。

前々からの友達ならまだしも、
初対面とかちょっとの知り合いくらいだったら、
こっちが優位に立たなければなりません。

だから変に遜ったりするのはダメなんですね。


「俺と付き合って欲しい!」っていうよりは、
「俺と付き合えば幸せになるよ」っていうスタンスで
女性を口説くことが重要なんです。


女性は基本的に弱者を相手にしないと思っていればOKです。

なので普段から良い男になるように、
このブログを熟読しましょう!


あとは、
「次に口説くぞ」っていうセリフは、
相手に準備をさせるってこともできますよね。


まぁ簡単に言うと、
「今日は下着の色が・・・」とかいう
男にとってはどうでもいい理由でセックスを拒否されることがあるので
それを次の時は準備させるという・・・


「次に口説くぞ」ってそのままパクるのは違うかなとは思いますが、
相手に考えさせたり準備させたりするのは大切ですので、
いろいろ応用できるかなと思います!

では、今回はこの辺で。

yamada-pairs

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

yamada-pairs

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です