女子大生だってヤリまくりたいんだから!

yamada-pairs

こんにちは、なぜか(?)女性の恋愛相談を
受けることも多いことで有名な男・山田です。


まぁ女性がしてくる話の中には純粋なものから、
あんまり人に言えないようなものまで色々あります…笑

今回はそんな本当は言えないような話を、
このブログを見ている男性のために暴露しちゃいます!笑


ではいきましょう!


とある女子大生のお話

今回お話を聞いたのは、
そこそこ有名な女子大生の子でした。

まぁどちらかというと、
彼女は「性」にオープンな子なのですが、
それに関してちょっとした悩みがあるとのこと。


その悩みは最初、
「もっと性にオープンでありたいのに、周りの目が怖い」
みたいなものでした。


これって実は多くの女性が悩める部分でもあります。

だから、
「女子会の下ネタは男よりヒドい!」なんて言いますが、
それはまぁ腑に落ちますね。

ナンパとかでホテルに誘ったりする時にちょっと女性がためらうのは、
「この、クソ●ッチwwww」って思われたくないから、
一応やんわり拒否するという面もあるわけです。笑


そして、その女子大生の相談内容は
段々エスカレートしていきました…笑


ヤリまくりたい!!

まぁ最終的に彼女が言い出したのは、
「もっと男とやりまくりたいのに、
 その気持ちと”他人の目”との間で揺れている」
ってことでした。笑


もしかしたらこれを見ているあなたは、
「え〜女の子がそんなことを言い出すなんて!」と、
思うかもしれませんが女の子ってこんなものです。
(もちろん全員が全員そうじゃないですよ。)


「じゃあ風俗嬢になれば?」と思う人もいるかもしれませんが、
お金にも困ってないのにキモいおっさん相手の話なんてしたいでしょうか?

普通の女子大生はしたくありません。
(例外もあるかもしれませんが…)


これってどういうことか分かりますか?


つまりこの子は、
「そこそこの男だったらやってもいい」
と言っているわけです。

はい、ここが重要なんです。


女性っていうのは大体こういう価値観です。

つまりあなたは、
”そこそこの男”になりさえすればいいのです。


私が特別イケメンでもないチビなのに、
多くの女性と夜を共にしてきたのは、
この”そこそこの男”の範囲に入れているからなんですよ。


だからあなたは女性にとって、
「この人かっこいい!彼氏にしたい!」と思われる必要はありません。
(もちろん思われることが出来れば良いですが)

それよりも、
「まぁ、この人ならいっか〜」って範囲に入れるかどうかが大切で、
「うわ、この人は無理だわ」って思われないことが重要なんです。



分かりましたでしょうか?

ですからまずは、
最低それぐらいの男になるための努力をしていきましょう。


とりあえずその範囲に入りたい人は、
このブログの他の記事も読んでみてくださいね!

では、今回はこの辺で!

yamada-pairs

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

yamada-pairs

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です