line(ライン)やメールがつまらない男はモテない

yamada-pairs

こんにちは山田です。

今回は、LINE(ライン)やメールについて
・直ぐに返信した方が良いのか?
・どういうメッセージを送れば良いのか?
・よくある質問

などについて書いていきます。


いつも私は言っていますが、
やっぱり面白い人っていうのはモテます。

だからこそ、
LINEやメールっていうのはかなり大切なわけです。

つまらないメッセージは
ただただうざがられて嫌われるだけなので、
注意しましょう!


メッセージの2パターンを抑える

まずLINEとメールを総じて、
今回の記事ではメッセージとさせていただきます。


メッセージ交換にはパターンが大きく分けて2つあります。

それは、
「即レス」「遅レス(亀レス)」です。


これは簡単に言うと、
メッセージを返す早さのことですね。


簡単に言えば、
・即レス=メッセージをすぐ返す
・恐レス=メッセージをすぐ返さない

という感じです。


そして何より先ず考えるのは、
”自分はどっちが得意か”を見極めて
作戦を立てる必要があるということです。

「すぐに面白い返しができないよ!!」って思うならば、
遅レス(亀レス)でいった方が良いです。


即レスは爆発力がある!・・・けど

ちなみに私はどっちかっていうと”即レス派”です。

そしてアナタが即レスが出来そうならば、
即レスの方がテンポが良く面白いと思われるし、
かなり盛り上がるので即レスでいきましょう。


・・・ですが、私は昔から
面白い返しができたわけではありません。

昔は完全に”遅レス派”でしたね。


「メールの返事は相手より遅らせる!」なんて
有名な恋愛ノウハウ(?)がありますが、
あれを素直に実行していたものでした。

そしてこれって
そこそこ効果がありますが、爆発力がない。


私は正直言うと今はかなりLINEが得意になりました。

私のように
自分でLINEが得意だと自負してる方は、即レスがオススメです。

かなり相手に好感を持ってもらえる可能性が上がります。


それ以外の方は遅レスでいって、
メッセージ交換で相手のツボを抑えることに慣れていった方が良いでしょう。


まとめると、
「すぐに面白い返しが思い浮かぶ人は即レス。
 それ以外の人は遅レスでいこう」

ということです。


そして最初は遅レスでも、
「相手を楽しませるメッセージ交換をするぞ!」
という意気込みさえあれば、

だんだんセンスが磨かれて、
面白いメッセージ交換ができるようになります。


(ちなみにLINEで既読をつけずに読む方法とかはググれば見つかります)


次の記事では、
メッセージ交換での3つのポイントを書いていきます!
LINEやメールで恋愛に発展させるたった3つのコツ

yamada-pairs

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

yamada-pairs

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です