付き合ってない場合の花見デートの難しさ

yamada-pairs

お久しブリーフ!
(と言っても1週間ぶりくらいですが)

今回は花見デートについて、
いろいろと検証してみたいと思います。


いや〜自分はあんまり、
得意じゃないんですよね・・・花見

あなたももしかしたら落とし穴にはまるかも?


トーク力

「花火」「花見」

たった一文字しか違うのに、
こうも難易度が変わりますか・・・


まぁ自分が好きじゃないからというのもありますが、
花見っていうのは基本的につまらない。笑

出店があったりとかはしますが、
基本的には「トーク」が重要ですからね。
(参照:素人が面白いトークをするコツはこれ!

逆に花火だと、
夜空に舞う花々をぼーっと眺めていて、

「きれいだね・・・」
『うん、きれいだね』
「でも、君の横顔の方がきれいだよ」


なんてふざけていれば、
楽しい雰囲気で過ぎるものです。笑


だから自分的には、昼に花見にいくよりも、
夜に行った方がいいんじゃないかなんて思います。

あとは昼に行くとしても、
遊園地で遊ぶついでに花見とか
公園でボートに乗るついでに花見とか

「花見メイン」っていうのは、
なかなかハードルが高いんじゃないかってことですね。


だから誘う時などは、
「遊園地いこうよ、ちょうどお花見シーズンだし!」
みたいな軽いノリで行った方が良いです。

もちろん、
「俺、花を見るのが好きなんだよね。
 きれいな君ときれいな桜、
 どっちがきれいか見比べてみたいな」

ってふざけて誘ってもいいですよ。笑


ではでは、次に注意点にいきましょう。


逃げ道を

2人きりで花見デートに行くって事は、
付き合ってない場合だとしても、
かなり仲が良い感じですよね。

基本的な持ち物(敷物)等はもちろん、
寒さにも考慮しておきましょう。

花見シーズンってまだまだ寒いですから。


あとは、ドライブデートもいいですね。

「花見いこうぜ!」って誘って、
車でブイーン!と桜の名所を回って、
夜になったらご飯を食べにいくみたいな。


だからもう一度いいますが、
「花見メイン」にはしない方がいいです。

まぁ女性が手作りの
お弁当を作ってきたりしてくれたら最高ですが。笑


じゃあ、今回はこの辺で。

なんかいつにもまして
ふざけた記事になりましたが、
まぁこういうのも良いでしょう。

yamada-pairs

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

yamada-pairs

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です